ペアガラス(複層ガラス)とは?

ペアガラスはエコガラスです 

ペアガラス(複層ガラス)構造

 ペアガラスとは、2枚の硝子に間に空気層を作り、乾燥剤を入れたスペーサーをその四方に回し込んで合わせたガラスのことです。一般的には、ペアガラスといわれていますが、複層ガラスと呼ぶこともあります。お問い合わせでは、ペアガラスと呼んで戴いて結構です。
ペアガラス(複層ガラス)の空気層は、5mm〜12mm(7mmを除く)の間で製造できますが、一般的なペアガラス(複層ガラス)は、6mmもしくは12mmで製作することが多いです。私たちが新築現場等で、マンションなどに使用するペアガラスを製造するに当たっては、そのアルミサッシのガラス開口(ガラス溝幅)とシーリング(ガラスとアルミサッシを接着させる防水材)の幅との関係で、より適正な施工を行うために、このペアガラス(複層ガラス)の空気層で総厚みの決定を現場対応することもございます。
ペアガラス アタッチメント付ただし、一般家庭でリフォーム用としてペアガラスに入れ替える場合は、そのままの厚みでは、既存のサッシには対応出来ませんので、住宅サッシ用に対応するための専用のアタッチメントを使用することによりはめ込むことが出来ます(左図)。

ただ、このペアガラス用のアタッチメントは、幅が15mmくらいのアルミ製で、これをつけることにより、今までの窓枠より少々くどいような印象になることもございますし、外側の網戸が干渉することが多く、既存サッシへの交換はあまりお勧めしておりません。

お勧めしていますのは、真空ガラス「スペーシア」という画期的な高断熱エコガラスです。
ペアガラスの効果は、家の外と家の中への熱の流動を(出入り)を一般ガラスよりも少なくすることで、冬の寒い時期に、家の中へ寒い冷気を極力入れさせないようにし、また、製品によっては、暖房の熱を家の外へ逃がすのを極力押さえたペアガラスもございます。

さらに遮熱や紫外線カット、防犯、防火などの機能を備えた高性能複層ガラスを使うことで、それぞれの地域と住まいにあわせて心地よい経済的な暮らしを実現できます。

ちなみに、現在のアルミサッシ(窓)は、断熱仕様の窓を使用するのが一般的で、アルミサッシのガラス溝もペアガラスに対応するように予め20mm〜26mmの開口(ガラスの入る幅)を確保していますので、アタッチメント付を使用しなくても、すっきりと違和感なくはめ込むことが出来ようになっております。

 

〜「断熱」と「遮熱」という言葉の使い分け〜

わかりにくい表現が多いかと思いますので、それぞれの言葉について説明させて戴きます。

 

「断熱」は、冬場の暖房で温まった空気をそとに逃がしにくいことや、外部の冷気を室内に入れにくい時に使用する言葉です。

「遮熱」は、太陽熱をカットすることを指します。約50%以上カットしてはじめて、遮熱をうたえる製品となります。

リフォーム専用遮熱・高断熱ペアガラス「ペアプラス」(旭硝子)

ペアプラス 製品特徴

旭硝子のペアプラスは、専用アタッチメント(アダプター)という見た目20mm幅くらいのアルミ枠がついているリフォーム専用のペアガラスとなります。

標準で、空気層5mmまたは6mmとなっておりますので、一般的なリフォーム用ペアガラスと変わりないように感じますが、一番の特徴が、ガラスとガラスの間に「アルゴンガス」が注入されておりますので、本来5mmまたは6mmでは断熱性は12mmの空気層に比べますと落ちてしまいますが、12mm空気層と同等レベルまで高めているという点でございます。

さらに、冬場に強い、高断熱性ペアプラスと夏場・冬場に強い遮熱・高断熱ペアプラスの2種類がございますので、冬場の寒さ対策も効果的ですが、夏場の暑さ対策にも貢献できる商品となっております。

 

冬場の断熱性能です。

ペアプラス 断熱

 

夏場の遮熱性能(太陽熱のカットの性能)です。

ペアプラス 遮熱

 

紫外線カット率となります。 

ペアプラス紫外線カット

遮熱・断熱ペアガラス「ペアマルチレイボーグ」

img_pairmulch_ly.jpg
この遮熱高断熱のペアガラス「ペアマルチレイボーグ」は、外側のガラスの内側に特殊な遮熱と遮熱・高断熱性能を兼ね備えた薄い金属膜が貼られているのが特徴です。これを「Low−E」と呼びますので、建築屋さんの間ではこの遮熱高断熱のペアガラス「ペアマルチレイボーグ」のことを「Low−Eガラス」というように呼んでいる方もおられます。
 このペアガラスの特徴は、冬の断熱効果・結露軽減の効果を発揮することはあたりまえですが、夏の冷房効果を高めるという点で非常に評価が高いところです
 この金属膜が通常のペアガラスとは大きく異なるポイントで、日射エネルギーを大きく反射するうえに、ガラス自体が吸収したほとんどの熱をペアガラスを隔てて外部へと放出し、夏の冷房効果を高めます。さらに、冬は、室外の冷たさを室内へ伝えにくく、室内の暖かさを室外へ逃げ難くするので暖房効果が上がるというわけです
 ちなみにこの遮熱・高断熱ペアガラス「ペアマルチレイボーグ」の遮熱性能は、通常のペアガラスの約3倍、一般ガラスの約5倍の遮熱性能をもっています。また、日射熱量を焼く60%カットします。
 また、一般のペアガラスと比較しましても、断熱効果はかなり高いことが分かります。
このペアガラスは紫外線に対してもLow−Eの効果で、紫外線の焼く86%をカットします。
 色は、クリアとグリーンの2色があります。効果はそれほど変わりませんので、色が分かりにくいクリアをお勧めしております。

 
【日射熱カット】
夏場の冷房効果を高めます。
【UVカット】
紫外線による日焼けを抑えます。
【高い断熱性能】
冬の暖かさも一般的な複層ガラス以上です。
【冷気シャットアウト】
窓辺の冷気も抑えます。
【結露防止】
外気温−22℃まで結露が発生しません。
 (室内温度20℃、湿度60%、戸外風速3.5m/sの条件の下)

高断熱ペアガラス「ペアマルチスーパー」

高断熱ペアガラス「ペアマルチスーパー」

このペアガラスもやはり見た目は、通常のペアガラスと変わりありません。遮熱・高断熱ペアガラス「ペアマルチレイボーグ」と同じくガラスに仕掛けがあります。この高断熱の「ペアマルチスーパー」は、先程のペアガラスとは異なり室内側のガラスのペアガラスの空気層の内側に特殊な高断熱性能の薄い金属膜が貼られているのが特徴です。
 この高断熱に特化した「ペアマルチスーパー」の特徴は、冬の暖かい太陽の日射しを室内に十分取り入れ、室内の熱を逃がさず、高い断熱性能を追求した高断熱ペアガラスとなっております。
 この金属膜が通常のペアガラスとは大きく異なるポイントで、日射エネルギーを大きく反射するうえに、硝子自体が吸収したほとんどの熱をペアガラスを隔てて外部へと放出し、夏の冷房効果を高めます。さらに、冬は、室外の冷たさを室内へ伝えにくく、室内の暖かさを室外へ逃げ難くするので暖房効果が上がるというわけです。

また、一般のペアガラスと比較しましても、断熱効果はかなり高いことが分かります。
 この高断熱ペアガラス「ペアマルチスーパー」の断熱性能は、通常のペアガラスの約1.5倍、一般ガラスの3.2倍もあります。
 色は、新色クリアSとグリーン、ブルーの3色があります。

【高い断熱性能】

冬の暖かさも一般的な複層ガラス以上です
【冷気シャットアウト】
窓辺の冷気も抑えます
【結露防止】
外気温−19℃まで結露が発生しません。
 (室内温度20℃、湿度60%、戸外風速3.5m/s:当社計算値)
【UVカット】
紫外線による日焼けを抑えます


 

ペアガラスと防犯ガラスの合体ガラス 防犯ペアガラス「セキュオペア」

ペアガラスと防犯ガラス「セキュオペア」
この防犯ペアガラス「セキュオペア」は、防犯ガラス「セキュオ」とペアガラスが合体した、防犯・断熱結露軽減(結露防止)の性能を持った複合のペアガラスとなります。
お住まいの防犯対策はもちろん、快適性、経済性をレベルアップします。
防犯ペアガラス「セキュオペア」は、ガラスを破るのに時間がかかるため、侵入をあきらめさせる効果のある防犯性能はもちろん、断熱性能も実現。不快な結露の軽減、冷暖房効果を効率よく引き出すなど、お住まいの快適性、経済性にも優れた機能を発揮します。
新築時のみの適用可能です。
既存での断熱ガラス+防犯ガラスであれば、真空ガラス「スペーシア守」がおすすめです。
【盗難防止】
強靭な厚い中間膜やポリカーボネート板をはさむことで「こじ破り」、「打ち破り」に高い抵抗力を発揮します。
【安全性】
万一破損した場合も、ガラスが中間膜に接着しているために、破片の飛散や落下がほとんどありません。
【紫外線カット】
紫外線は、窓辺の家具やカーテンなどの色あせや変色の大きな原因のひとつといわれています。セキュオはガラス面に侵入してくる紫外線の99%以上をカットする優れた効果があります。

ペアガラスと真空ガラス「スペーシア」の合体「スペーシア21」

複層真空ガラス「スペーシア21」
ペアガラスとスペーシアの合体「スペーシア21」

ペアガラスとスペーシアが合体したスペーシア21.50m厚の断熱材にも匹敵する断熱効果。日本板硝子が開発した真空ガラス「スペーシア」と遮熱・高断熱 Low−E ペアガラスとの組み合わせと、さらに空気層には、「アルゴンガス」を注入しておりさらに断熱効果をアップさせています。
厚みは18mmと21mmですので複層ガラス使用のサッシのみに対応しております。